2008年07月28日

変えなきゃ!議会

26日(土)、27日(日) 
市民と議員の条例づくり交流会議2008【第8回】

議会改革はいまーー市民自治体をめざしてーー
 広がる議会基本条例、決算を活かす、市民と議員の政策づくりに参加しました。

 市民と議員の条例づくり交流会議は、2001年から、各地で地域の課題解決に取り組み、条例づくりをめざす、市民や議員、自治体職員や研究者らが、知恵や経験を共有し、互いに学びあい提起しあう交流の場として毎年夏に開催されています。

 私は、毎年できるだけ参加してきました。今回は、主催者発表では26日の全体集会には500人を超える参加があったそうで、年々参加者が増えています。


100-0006_IMG.JPG

 27日の分科会は
「決算改革」財政健全化法で、決算が変わる?変えられる!?に参加ました。


 かねてから視察をしたいと考えていた多摩市議会や三重県議会の「決算改革」の実践報告が項目にあったからです。

 両議会から報告された実践例は期待にたがわぬ充実ぶりでした。
議会が意思決定機関としての責任を果たすために、今求められているのは議会の、そして議員の技量であり質の向上であると言い切る多摩市や三重県の議員の自信に満ちた発言は、強いエールとして、また議員としての責任に身の引き締まる思いがしました。

 議会改革、前例にとらわれることなく、新しい手法を次々と編み出し、議会として実践できている背景には、議員経験の長い議員や最大会派の懐の広さにあるということです。

 いつでも議会内では少数会派の悲哀を味わっていますが、このような会に参加すると、全国に多くの仲間の議員がいる、そしてあるべき議会の姿を求めて奮闘している存在を知り、とても励まされます。

 次の決算特別委員会でどこまで、両議会に近づけた取組みができるか、早速、白井議会でも取り入れられるところは取り入れ、勉強の成果を活かしたいと思っています。

 
変えなきゃ、議会! 市民自治を実現するために!パンチひらめきわーい(嬉しい顔)


posted by michi at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。